プエブロ

イタリア バダラッシー・カルロ社 Badalassi Carlo Srl

※Tabaco,Coccinella,Grigio

まるで和紙のような手触りと劇的なエイジングが魅力的な、イタリアの名門タンナー・バダラッシーカルロ社の牛革です。

バダラッシー・カルロ社はイタリア古来の伝統的な革鞣し技法であるバケッタ製法を研究していた先代が、その製法を現代に蘇らせたことで有名なタンナーです。そのルーツは中世まで遡り、一部では8世紀頃から始まったとも言われています。効率優先のため、現在の多くの革は合成油・魚油を使い、機械化の導入をたどる一方ですが、バダラッシー社の場合、時代に逆行するかのように伝統的な革作りを貫いています。化学薬品ではなく、植物性タンニンを用い時間をかけて鞣された革に、家畜牛のすね骨や無蹄足を煮沸して採取した純度の高い所謂「牛脚油」で時間をかけながらゆっくりと加脂しています。この製法は革にオイルが浸透し難いのでとても時間と手間がかかりますが、その代わりにオイルが抜けにくく、使い込んだ時の色艶の上がり方が大変綺麗で、美しくエイジングされるのが特徴です。

プエブロもまたバケッタ製法にて鞣された革で、仕上げ加工として意図的に表面を荒々しく毛羽立たせた、非常に個性的な革です。最初の状態は和紙のような手触りで、マットな質感故に光沢は殆どありませんが、使う程に表面の繊維が寝て加速度的に光沢が増していき、色も短期間で深まっていきます。艶の上がり方が非常に早いので、変化の仕方がとても劇的である他、使い込んだ時に見せる、吸い付くようなしっとりとした質感も大きな魅力です。革の経年変化(エイジング)がお好みの方にはおすすめの皮革です。

【ケア方法】
●初めからオイル分を多く含んでおりますので、基本的にクリームを塗って頂く必要はございません。使い初めの表面が強く起毛している状態でクリームを塗布しますと、色や風合いが急激に変化してしまう場合がございますのでご注意ください。使い込んだ後に毛足が寝て、表面が滑らかになった際に、革にカサつきを感じましたら無色のクリームをごく少量布に取り、良く馴染ませ製品に円を描くように動かし塗布して下さい。その後、柔らかい布で乾拭きを行ってください。(※多量の油分はオイル染みやコシの抜け等、革の風合いを損ねる原因となりますので、過度な塗布は十分ご注意下さい。)また、汚れにつきましても、水に浸した後きつく絞った布で汚れを拭き取る「水拭き」を行い、柔らかい布で乾拭きをすれば十分です。

【推奨ケア用品】
●コロニル 1909シュプリームクリームデラックス、または プレミアムディアマント 無色(無色の靴用保革クリームでも代用可能です。)
●コロニル ウォーターストップ(被膜の張らない防水スプレーであれば他社製品でも代用可能です)
●馬毛ブラシ、山羊毛ブラシ

【ご注意点】
●水濡れについて
プエブロは比較的水に強いレザーではありますが、やはり多量の水分を嫌います。多量の水分はカビの原因となり、放っておくとカビが革繊維の内側に根を張り、完全に取り除くことが難しくなります。
もし多量の水分に濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で拭き取り、陰干しをして下さい。(※ドライヤーや日光に当てるなどの急速乾燥は、革の風合いを損ねる原因となりますので、くれぐれも行わないようお願い致します。)また、起毛した繊維の内側に入り込んでしまった汚れは、水気をよく飛ばした後、ブラッシングにより掻き出して下さい。

●汗について
汗に含まれるアンモニアは革の風合いを損ねる可能性がございます。ご使用中、多量の汗の染み込みを感じられましたら、硬く絞った布で水拭きし、陰干しをして下さい。革表面の繊維が寝ており、既に光沢が上がっている場合は、硬く絞った布で水拭きの後、柔らかい布で乾拭きして下さい。

●移染について
衣類と強い摩擦が生じますと色移りの可能性がございます。また汗や雨などによって製品が湿っている状態ですと、比較的弱い摩擦でも色移りいたします。白色などお色味の薄いお召し物には十分ご注意下さい。また、長時間紫外線に当てますと退色・変色の原因となりますので、十分にご注意下さい。


instagram